Daily Boost

日々の暮らしに活力を

環境を変えたら人生が変わった話

お題「環境を変えたら人生が変わった話を教えて」

 

 

こんにちは今回は環境を変えたら人生が変わったことを書こうと思います。これから書く内容は私自身人生40年過ごして個人的な偏見と経験則に基づいて書いていきます。

1 住む場所や環境で人生が変わる

2 仕事を変えて人生が変わる

3 毎日の習慣を変えれば人生が変わる



1 住む場所や環境で人生が変わる

私はこれまでに引っ越しを5回経験してるので住む場所の環境がいかに大切なのかはわかっているつもりです。

これまで住んできた環境は様々です、会社の寮、管理が行き届いていない物件、治安があまり良くない繁華街、静かな田舎っぽいとこだったりします。

私は治安があまり治安が良くない繁華街やあまり管理が行き届いていない物件などに住むとなんか精神的に荒んでくる気がするので、そういうところにはあまり住みたくないです。

住む所の決める基準は職場の近くであったり家賃の関係などの個々に条件があると思いますが。より良い環境に身を置きたければ多少家賃が高くても良い物件に住むといいと思う

それはなぜかというと安ければ安いほど変な人間が住んでいる可能性がある
私も以前は家賃が激安のマンションに住んでいたことがあるが最悪だった
朝出社しようと部屋を出てエレベーターに乗ろうとしたら床面がゲロまみれだったことが頻繁にあったり、ゴミ出しのルールを守らないヤカラが多いためゴミ捨て場が散乱状態でカオスになっているのが日常化していたし、週末の夜になると酔っ払いが路上で喧嘩していることがあったりで怖かった記憶があります。

住む環境は、私たちの健康、幸福感、社会的関係、仕事の生産性に大きな影響を与えます。自分の価値観やライフスタイルに合った環境を選ぶことで、生活の質を向上させ、充実した人生を送ることができます。自分に最適な住環境を見つけましょう。

2 仕事を変えて人生が変わった

これも一般的なことかもしれませんが仕事を変えるのも手段の一つですね昔に比べたら転職は結構一般的になってきたんだと思います。

私は工場勤務で正社員として働いていましたが現在は個人事業主として働いています。

正社員の時と違って仕事の裁量は自由に調整にできまるので今のほうが仕事が楽しいと感じますが本来の仕事以外の雑務も増えるのでそれなりに大変です請求書の発行とか毎月の帳簿付けとかですね。

やっぱり仕事は楽しくなければいけないと思います。仕事の楽しさの感じ方は人それぞれだと思いますが目標の達成を感じとり、自己の成長を感じさせてくれるような、仕事がいいと思います。

今の仕事してて楽しいのか、もっと違うことがやりたいんじゃないかなど自分自身と対話の時間を作ることをお勧めします。

仕事を変えることは、大きな決断ですが、適切な準備と戦略を持って臨むことで、人生を豊かにするチャンスとなります。キャリアの発展、仕事の満足度向上、人間関係のリセットなど、さまざまなメリットを享受するために、自分の目標や価値観に合った転職を目指しましょう。

3 毎日の習慣を変える

毎日の習慣を変えることが一番手っ取り早いと思う

私の場合はいわゆるモーニングルーチンってやつですね

私は朝5時に起きてから〇〇をやることで人生が変わりました。

私は毎日朝起きてすぐブログを書いています。朝起きて約1分後にはPCを開き作業をします。すごく集中して作業ができるのでおすすめします。

あとはコツとしては前日にやることをあらかじめ決めておくことです、紙に作業内容をあらかじめ書いておく、TODOリストを作るとスムーズに作業が開始できる
逆に作業内容を決めないといざ取り掛かる時に「さて何しようかと」考えてたらせっかく早起きしたのに時間が勿体無いですから

別にブログじゃなくても、例えば資格勉強、筋トレ、散歩、起きてからすぐに水を飲むでもいいのですし別に特に何かやらなくてもいいですコーヒーでも飲みながらゆっくり過ごすのでもいいと思います。

早朝の時間は誰にも邪魔されない時間で一日の中で唯一自分でコントロールできる時間だと思っています。

あと前提として睡眠時間を必ず確保してから早起きを実施してください、睡眠時間削ってまで早起きするのはアホです。

いつもより15分早く起きるだけでもいいですので朝時間を使ったて自分なりのモーニングルーチンをしてみてはいかがでしょうか。

二度寝して出社時間まで寝るのが俺のモーニングルーチンだ」なんてことはなしですよWWW

結び

さてこれまでの環境を変えて経験したことを書いていきましたが、一番大事なのはいかに自分を良い環境に身を置くことだと思います。
自分自身のメンタルヘルス向上、パフォーマンス向上、キャリアの発展などに役に立つと思うので自分自身の環境を少しずつでも改善していきましょう